自律神経失調症の症状と治しかた



自律神経失調症の症状

 

 

自律神経失調症の症状というものは、身体のあらゆるところに現れます。頭部では、頭痛や頭重感、偏頭痛、筋緊張性頭痛などがあり、眼では、眼精疲労、まぶたの痙攣、ドライアイ、疲れ目、なみだ目、そして目が開かないなどの症状があります。

 

 

心臓や血管系、循環器系においては、動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、全身ののぼせ、全身の冷え、冷えのぼせ、全身のほてり、全身のしびれ、血圧の変動、息切れ、呼吸困難、息苦しさ、手足のほてり、手足の冷え、体のふらつき、手足のしびれ、多量の発汗、寒気、高血圧、低血圧、不整脈、胸痛などがあります。

 

 

消化器系においては、慢性胃炎、神経性胃炎、過敏性腸症候群、下腹部の張り、食欲低下、食欲不振、過食、拒食、食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる、胃痛、胃重などの症状があります。

 

 

呼吸器系においては、過呼吸症候群、息苦しさ、息が詰まる、息ができない、酸欠感、息切れなどがあり、皮膚においては、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ、多汗、汗が出ない、冷や汗などの症状が現れます。

 

 

この他、精神的な症状というものも現れます。怒りっぽくなる、すぐ悲しくなる、情緒不安定になるといった感情的なものや、不安になる、恐怖心に襲われる、人間不信になるといった不安感、そして、ネガティブ思考や無気力、集中力の低下などの症状も現れます。