自律神経失調症の症状と治しかた



ローヤルゼリーとプロポリス

 

 

ローヤルゼリーは、ミツバチによって花粉から作られる分泌物であり、女王蜂の唯一の食物となる物質です。非常に高タンパクであり、通常のハチミツよりもはるかに多くのビタミン類やミネラル、アミノ酸などの栄養素が含まれています。

 

 

このローヤルゼリーには、自律神経を司る視床下部の間脳の働きを活性化させる作用があることが分かっています。また、ローヤルゼリーには、アセチルコリンというビタミン成分も含まれています。このアセチルコリンは副交感神経から放出されている成分であり、身体を安静に保ち、リラックスさせる働きがあります。

 

 

したがって、ローヤルゼリーは自律神経失調症によって緊張した状態にある身体と心を安静な状態へと変えてくれる効果を持っていることから、近年では、自律神経失調症の対策として多くの人たちがローヤルゼリーに注目しているのです。

 

 

プロポリスもまたミツバチによって作られる分泌物であり、ミツバチはこのプロポリスを外敵の侵入の防止や、巣や自らの体をバクテリアやウイルスから守るために使います。プロポリスには、フラボノイド、ビタミン類、ミネラル、アミノ酸、テルペノイドなどの栄養素が含まれています。

 

 

プロポリスは身体の免疫機能を高め、抗酸化作用を持つことから、ストレスの緩和や血液の浄化、花粉症の緩和やがんの治療などにも利用されることが多いですが、自律神経の中枢である交感神経と副交感神経のバランスを整える効果もあるために、自律神経失調症の予防や改善にも効果を発揮するとされています。